車検のコバック

上田市・佐久市

タイヤがパンクした時の対処法

2021/03/17

コバックニュース

タイヤのパンクの原因は?

突然のタイヤのパンク、困りますよね。
タイヤのパンクは何が原因で起こるのでしょうか?

 

◆主なパンクの5つの原因

------------------------

①釘など先の尖ったもの
釘の他にも路面に落ちているガラス片や固く鋭利な鉄の破片等、タイヤに刺さったりゴムの裂傷でパンクしてしまう事があります。

 

➁適正でない空気圧
タイヤの空気圧が不足している状態で走行すると、タイヤにかなりの負担がかかりゴムに損傷を起こしてパンクしやすくなります。
最悪の場合バーストしてしまう事も。(バーストとは走行中にタイヤが破裂してしまう現象の事です)
逆に空気圧が高すぎてもパンクする可能性があります。

 

③ホイールの損傷
タイヤとホイールは組み合わさっているので、ホイールのリムが変形していてタイヤと上手く接合出来ていないと空気が抜ける原因となります。

 

④タイヤの劣化
タイヤには買い替えの適正な時期があります。
詳しくはこちらを参考にしてみてくださいね!

【愛車のタイヤ状態を把握していますか?簡単に確認できるポイントをご紹介!】


古いタイヤをずっと使い続けていると、安全に走行できなくなりますし、ゴムの劣化でパンクしやすくなります。

 

⑤イタズラによるもの
まさかのイタズラによるパンク!これはとても迷惑ですね!
どのような方法でイタズラされるかというと、タイヤの比較的柔らかいサイド部分に何か鋭利なもので穴をあけられたり、切込みを入れられたりが多いようです。
パンクを含むイタズラによる車の破損【刑法261条器物損壊罪】にあたる可能性があり、「3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料(刑法261条)」が科せられる立派な犯罪です。

パンクした時の対処方法は?

【スペアタイヤに交換】
まずはスペアタイヤに交換できるといいですね!
特に走行中やお出かけ先でのパンクの場合は、スペアタイヤに交換し、車屋さんへ運ぶのが理想と言えます。
交換する際は、必ず安全な場所にお車を移動させてから行いましょう。

 

【応急処置】
タイヤ交換をそう簡単には出来ない方もいらっしゃるでしょうし、スペアタイヤを積んでいない場合もあるでしょう。
カー用品店では、簡単に応急処置ができるパンク修理キットが販売されていますので、ひとまずそれを使用するのもいいでしょう。

 

【ロードサービスの依頼】
ご自身が加入されているロードサービスやJAFに連絡して運んでもらう事もできます。
車屋さんまで運んでもらい、そのままパンク修理もしくはタイヤ交換してもらうという方法になりますが、修理費用やタイヤの購入費・交換料金等はその際に確認となります。


コバックでもタイヤのパンク修理、交換受け付けております!
お困りの際はご遠慮なくお電話ください!

絶対ダメ!パンクした時にやってはいけない事

やってはいけない事

------------------------
その①
【刺さったものを直ぐに抜く】

やってしまいがちなのが、釘等何かが刺さった場合にそれを抜いてしまう事なんです。
抜いてしまうとそこから更に空気が抜けて、完全に走行できなくなってしまう可能性があるのです。
少し安全な場所へ移動させる為にも、抜かないようにしてくださいね。

 

その➁
【パンクしたまま走行】

安全な場所への移動で少し走行する場合を除き、パンクした状態でそのまま走行し続けるのはNGです。
パンクの状態を更に悪化させ、最悪の場合タイヤが外れて大きな事故を起こす可能性があり非常に危険です。

 

その③
【高速道路で外に出て応急処置やタイヤ交換】

高速道路でパンクやバーストしてしまった場合は、ハザードランプを点けて車を端に止め、ロードサービスやJAFに連絡しましょう。
その後は必ず発煙筒停止表示板設置して『車内待機』するようにしてください。
タイヤの確認をしようとして外に出てしまうと、後続車と接触事故を起こす可能性があり非常に危険です。
そして高速道路でやむを得ず停止する場合は、必ず停止表示器材を設置する事が法で定められた義務となっています。

最後に

タイヤのパンクは、安全な場所での応急処置が不可能な場合、無理せずロードサービスやJAFに連絡するのが安心です。


コバックでもご対応可能ですので、もしも予期せぬパンクでお困りの場合は遠慮なくご連絡ください!
また、新品タイヤの購入やタイヤメンテナンスなどのご相談も受け付けております!

一覧に戻る

新着投稿記事

過去の記事を読む

各種カーサービス

コバックは車検が安い