車検のコバック

上田市・佐久市

プロが教える!車整備のプチ裏技

2024/02/29

コバックニュース

愛車のパフォーマンスを最大限に引き出す、プロによる車整備のプチ裏技をご紹介します。

日々のケアからトラブル回避まで、手軽で効果的な方法を厳選。これであなたも整備の達人に! 

車整備の基本を押さえる


タイヤの状態をチェックする

タイヤの状態をチェックする際には、溝の深さを測ることが基本です。

自分でチェックするには、100円硬貨を使用するのが簡単でオススメです!

・100円硬貨の「1」までがちょうど5.0mmです。

・「1」とタイヤの高さが同じであればタイヤの溝は5.0mm

・「1」よりタイヤの高さが1mm低ければタイヤの溝は約4.0mm

・「1」よりタイヤの高さが2mm低ければタイヤの溝は約3.0mm

一般的なタイヤだと、溝1mmで5,000km走行できます。

タイヤの状態や種類にもよりますが、覚えておくとタイヤ買い替えの目安にもなりますね。

ライトのチェック

自動車には用途に合わせて様々なライトが使用されています。

ライトが適切に作動しているか確認するには、車体を壁やガレージのドアに向けてヘッドライトを含む各ライトのオン・オフを行い、反射光でライトの状態を確認します。

電子部品のトラブルサインを見抜くコツ

自動車は多くの電子部品を搭載しており、それらの状態を把握し適正に保つことがトラブル予防に繋がります。

トラブルサインには、エンジン始動時やアイドリング時の異常な振動警告灯の点灯日常的な走行中違和感などがあります。

これらを見抜くために、まずエンジンを始動させた際に異常がないかを観察します。

次に、走行中にエンジンがスムーズに動くかどうかを感じ取り、エンジン音にも気を配ります。

また多くの場合、警告灯が点く前に、車に搭載された故障診断機が不具合を感じ取っています。定期的にコバック等設備の整った専門店で車両のスキャンを行うことで、電子部品のトラブルを早期に発見、対処することができます。

 

トラブル発見もコバックにお任せください!

★お近くのお店へご来店ください★

意外と知られていない洗車術の裏技

水アカを防ぐためには

水アカを予防するために、洗車後は速やかにタオルで水分を拭き取りましょう。さらに陰干しまでするといいですね。

車体が濡れたまま長時間放置されると、水アカだけでなく錆の原因にもなるため注意が必要です。さらに定期的にワックスをかけることで車体を保護し、水アカの生成を抑制することができます。

傷を避けながらのボディケア

洗車中にボディに細かい傷をつけてしまうこともありますが、傷を避けながらの洗車も、ちょっとした工夫で可能です。

方法の一つに、2バケツ方式があります。

これは、洗剤水とすすぎ用の水2つのバケツを使用する方法で、洗車用のスポンジやタオルをすすぎ用の水で綺麗にすることで、ボディに汚れを塗りつけるのを防ぎます。

また、洗車用のタオルはマイクロファイバーを選ぶと良いでしょう。汚れをかきとる力が強く、かつ表面を傷つけにくいという特徴があります。拭き取り用クロスは、柔らかく吸水性の高いものを選ぶと良いですね。

室内清掃のアプローチ

車の室内清掃も洗車と同様に重要です。きれいな室内は居心地がいいですよね。

まずは各部位の素材を理解し、それぞれに適した清掃方法を選びます。例えば、革製の部分には専用のクリーナーを使用して優しく拭き、布製のシートにはファブリッククリーナーを使用し、汚れを落とします。

また、フロアマットは定期的に取り外して洗浄することが重要です。

そして、細かい隙間の汚れには、掃除道等でしっかり除去しましょう。

こういった作業を丁寧に行うことで室内を清潔に保つことができます。

トラブル回避のためのメンテナンステクニック

車のメンテナンスは、長期間の安全運転と性能維持を確保するために欠かせません。起こりがちなトラブルを未然に防ぐテクニックは、どのドライバーも身につけておきたいものですね。

バッテリートラブルを防ぐには

バッテリートラブルは、予期せず発生しやすい問題の一つです。

特に長野県のような寒冷地では、バッテリーの負担が大きくなります。そこで重要なのが、定期的なバッテリーチェックです。

端子に腐食が見られないか定期的に確認してください。腐食を発見したら、端子を清潔な布や専用クリーナーできれいにしましょう。

また、長期間車を使用しない場合、週に一度はエンジンをかけるなどの工夫も必要です。

バッテリーの状態に不安を感じたら、お気軽にご相談くださいね。

 

バッテリーチェックもお気軽にお問い合わせください♪

★お近くのお店へご来店ください★

エンジンオイルの交換と重要性

エンジンの機能を維持するためには、エンジンオイルが欠かせません。

オイルはエンジン内部の摩擦を減らし、冷却効果も果たしているため、適切な交換周期を守ることが非常に重要です。

多くのメーカーは一定の走行距離ごと、または使用している期間ごとにオイル交換を推奨していますが、乗り方や使用する環境によってその頻度は変わることがあります。

オイルの状態を定期的にチェックし、必要に応じて交換することが求められます。

整備士も実践しているメンテナンス小ネタ集

錆を防ぐための簡単なハック

車にとって錆は大敵です。特に雪の多い長野県では、付着した凍結防止剤が錆の原因になることも。

そこで、錆を防ぐために大切なことを紹介します。

まず、洗車時には隅々まで水分を拭き取ることが大切です。水分が残った状態で放置すると錆びる原因となりますので、ドアの隙間やホイールの裏側など、水が溜まりやすい箇所は念入りにチェックしましょう。

さらに、市販の防錆スプレーを定期的に車体に塗布することで、錆を未然に防ぐことができます。

もちろんコバックでの防錆コーティングも承っております♪

ワイパーブレードの寿命を延ばすコツ

ワイパーブレードは消耗品とされていますが、その交換時期は少しでも延ばしたいですよね。

ゴム製のブレードに保護剤を塗ることで、ゴムの乾燥や硬化を防ぎ、スムーズな拭き取りが持続します。

また、ブレードに貼りついた汚れや虫の死骸などは、こまめに取り除きましょう。布やスポンジを使い、優しく汚れを取り除くことが長持ちの秘訣です。

自分でできるちょっとした気遣いと工夫で、愛車に乗れる期間を少しでも長く延ばしてくださいね♪

 

ちょっとしたメンテナンスのご相談もお気軽に!

★お近くのお店へご来店ください★

一覧に戻る

新着投稿記事

過去の記事を読む

各種カーサービス

コバックは車検が安い