車検のコバック

上田市・佐久市

運転中に「滑った」と思ったらタイヤをチェック

2022/01/20

コバックニュース

本格的に冬を迎え、スタッドレスタイヤの活躍する季節となりました。

降雪だけでなく、冷え込みによる凍結で道路も非常に滑りやすくなる日がありますよね。

凍結路は新品のスタッドレスタイヤでも十分に気をつけて走行が必要ですが、もし使用しているスタッドレスタイヤが劣化した古いものだったら・・・

下手すると滑るだけでなく、事故などの最悪の事態を招く可能性も!

そうならないために、スタッドレスタイヤの溝や経過年数など、要チェックのポイントをご紹介します。

あなたのタイヤ、ミゾは大丈夫?

スタッドレスタイヤでまず重要になるのがです。

ノーマルタイヤの溝は新品タイヤで約8mm前後(※)となり雨で濡れた路面でも滑りにくいようになっています。

スタッドレスタイヤはそれよりも深い約10mm前後(※)となり、深く掘られた溝と大きなブロック、そして「サイプ」と呼ばれる細かく浅い溝もたくさんついているのが特徴です。

これは冬季に降雪や凍結路でもスリップしにくいようにするためです。

 

積雪のある路面では、深く掘られた溝で雪を噛むようにして掻き出しています。

凍結路では、路面の上に張っている水の膜の影響でとても滑りやすくなっていますが、スタッドレスタイヤの溝に水膜を吸収して接地することで滑りにくくしています。

 

タイヤの溝は使用年数と共に減っていきますが、使用可能な溝の残りの深さは1.6mm以上と決められています。

そこで溝の深さをチェックするために必ず『スリップサイン』というものがついています。

 

『スリップサインが一か所でも出たら使用してはいけない』法律で決められていますので、スリップサインが出た場合は必ず買替えましょう。

もちろん、車検にも通らないので要チェックです! 

あなたのタイヤ、経過年数は大丈夫?

もう一つ重要なのがタイヤの経過年数です。

タイヤの一般的な寿命はこちらです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ノーマルタイヤ

5年 または 走行距離5万キロ

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

スタッドレスタイヤ

3年 または 走行距離1~1.5万キロ

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

たとえ溝が十分に残っていたとしても、タイヤは原料がゴムであるために劣化しやすく、ひび割れなどができている可能性があります。

そうなると、一見まだ使えそうでも、走行中に劣化が原因によるバースト(タイヤの破裂)が起こる可能性があり非常に危険です。

 


◎タイヤの経過年数を確認するには

『製造年週』の確認をしましょう。

タイヤには製造された年週数刻印されています。

ホイール近くにアルファベットと4つの数字が刻印されている箇所があり、例えば『K2520』という刻印であれば、下2桁の『20』は2020年、 最初の2桁『25』はその年の週数を表していますので、202025週目に製造されたタイヤという事です。

タイヤの進化と停止距離

◆スノータイヤはどのように進化した?

雪道や凍結路といった悪路でも安全に走行できるように作られているスタッドレスタイヤも、ここ近年で飛躍的な進化を遂げています。

そもそもは冬用のタイヤとして『スノータイヤ』と呼ばれ、日本での製造は1959年から始まりました。

初期のスノータイヤは雪道走行を目的としていたので、凍結路には弱かったのです。

 

そこで1962年から『スパイクタイヤ』と呼ばれる、タイヤのトレッド表面にスパイクピン(金属製の鋲)を打ち込む事で凍結路にも強いタイヤが考案され、1970年代からスノータイヤとしての主流となりました。

 

スパイクタイヤは凍結路などでのグリップ力に優れていましたが、ピンでアスファルトが削られ、その粉塵による人体への悪影響や公害が懸念されたため、1990年末に製造中止・1991年には販売が中止されました。

現在のスノータイヤの主流である『スタッドレスタイヤ』が本格的に製造・普及し始めたのは1980年代に入ってからで、スパイクタイヤの問題点であるスパイク(スタッド)をなくし、それでも雪道・凍結路をより安全に走行できるように開発されたものなのです。

 

そんな中で「凍結路で滑る原因は路面上に張っている水の膜」だということがわかってきたのが、1990年代半ばでした。

そのことから、各タイヤメーカーはタイヤのゴムや溝での吸水力と、タイヤと氷面の密着性を高めてより滑りにくいスタッドレスタイヤの開発に力を入れてきました。

 


◆スタッドレスタイヤの停止距離

雪上(※圧雪路)・氷上(アイスバーン)それぞれ40km/h走行で急ブレーキした場合のデータを見てみましょう。

※圧雪路とは、雪が踏み固められて硬くなった状態の路面です。

 

◎ノーマルタイヤ

雪上(※圧雪路)ブレーキをかけてから29.9mで停止

氷上(アイスバーン)ブレーキをかけてから105.4mで停止

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎スタッドレスタイヤ

雪上(※圧雪路)ブレーキをかけてから17.3mで停止

氷上(アイスバーン)ブレーキをかけてから78.5mで停止

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(JAFのデータより)

このように、ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの停止距離には明らかに差があるのです。

まとめ

いかがでしたか?

スタッドレスタイヤの特徴や重要なポイント、そして『スタッドレスタイヤ』誕生のきっかけなどご紹介させて頂きました。

冬場の凍結路はとても危険です。

スタッドレスタイヤのチェックの重要性はもちろんですが、タイヤの性能を過信せず、安全運転に努めましょう。

 

もしも「スタッドレスタイヤ、そろそろ買い替えかな?」「自分でチェックする自信がない」という方は遠慮なく

コバック上田材木町店・佐久平店へお問い合わせください!

一覧に戻る

新着投稿記事

過去の記事を読む

各種カーサービス

コバックは車検が安い