車検のコバック

上田市・佐久市

カーエアコンが効かない?そんな風に思ったときは

2021/08/30

コバックニュース

お車の運転でより快適に乗る為に欠かせないのがカーエアコンですね!
夏場は冷房・除湿、冬場は暖房と季節に合わせて車内の温度も適温に保つ事ができます。
ですが、カーエアコンを使い始める時期、特に夏場に多いのが

「冷房の効き具合が悪い・・・」

「風は出てるけど冷風にならない・・・」

「何だかカビ臭い」

といったカーエアコンの不調です。
今回はその原因と対策方法をご紹介致します。

エアコンが効かなくなる理由

カーエアコンの効きが悪くなる原因で、代表的なものを挙げてみました。


◆冷房の場合
【エアコンガスの不足・漏れ】
カーエアコンの冷房には、エアコンガスが使用されています。
エアコンガスは冷風を作り出す為の冷媒となっていて、ガスが無いと冷房としての機能は働きません。
よくあるのがこのエアコンガスの不足や、漏れによるものです。

 

【コンプレッサーの故障】
エアコンガスを圧縮して冷風を作り出す為の準備をするのに欠かせない機器なのですが、このコンプレッサーが故障している可能性があります。

 

【エアコンフィルターの目詰まり】
カーエアコンにもフィルターが付いていて、車内・車外の空気を取り込んだ際にゴミやホコリをこのフィルターで取り除きます。
その為、フィルターにゴミやホコリが溜まって目詰まりしている可能性があります。

 

【ブロアファンの汚れ】
こちらは車内に冷風を送る際に、車内・車外の空気を取り入れて送風する為のファンなのですが、フィルター同様に取り込んだ空気に含まれているゴミやホコリが付着し、動きが悪くなっている可能性があります。

 

◆暖房の場合
【サーモスタットの故障】
カーエアコンの暖房は、エンジンの熱を利用しています。
エンジンを早く温める為に、冷却水が循環する通路を塞ぐ『サーモスタット』という(フタのようなもの)が付いています。
エンジンが適正温度にまで温まるとこの弁が開き、冷却水が循環してエンジンの余分な熱を冷やしていくのですが、サーモスタットが故障などで開きっぱなしになっているとエンジンがなかなか温まらず、温風を作り出す事が困難になります。

 

【ヒーターブロアモーターの故障】
暖房用に『ヒーターコア』という機器があり、この中をエンジンの熱で温まった冷却水が流れていくのですがここに『ヒーターブロアモーター』というファンで風を当てる事で温風を作り出しています。
このブロアモーターがうまく動かず、風を送れていない可能性があります。

 

【冷却水が循環しない】
冷却水が少なくなっていたり、漏れていたりする可能性があります。
また、冷却水でエンジンを冷やす装置である『ウォーターポンプ』や冷却水が循環する『ラジエーター』という機器の不具合などの可能性も。

エアコンを回復させるには

ここでは、上記で挙げた項目毎に回復方法をご説明していきます。


◆冷房の場合
【エアコンガスの不足・漏れ】
車屋さんにて、エアコンガスをチェックしてもらいます。
ガスが無い場合は入れてもらい、漏れや部品の故障があれば修理してもらいましょう。
ガスの補充費用は一般的に約3,000円~5,000円程となります。
修理となった場合は、2~3万円程となります。

 

【コンプレッサーの故障】
カーエアコンの『A/Cスイッチ』ONにしたときに、エンジンルームから「カチッ」という音がすれば、コンプレッサーは動いています。
ですが分かりづらいと思いますので、ここはやはり車屋さんに確認してもらいましょう。
故障であれば、修理となりますがコンプレッサーの修理費用は高額で、一般的に約5~10万円程となります。

 

【エアコンフィルターの目詰まり】
エアコンフィルターの交換が必要となります。
一般的には10,000kmごとの交換が目安となっています。
モノによっては水洗い可能なタイプもありますが、基本的には交換となるでしょう。
価格は数千円~ですが、車種によって違いますので車屋さんで交換してもらうのがオススメです。

 

【ブロアファンの汚れ】
ファンを洗浄する事で改善されますが、ブロアファンはカーエアコン機器の内部にあるので部品の取り外しが必要となります。
なので、こちらの洗浄もプロにお願いするのがいいですね!
ブロアファンと一緒にエバポレーターも洗浄してもらう事をオススメします!
エバポレーターは水滴が付いているので、カビや雑菌などの恰好の繁殖場所となってしまう為不衛生になりやすく、エアコンの嫌なニオイの原因にもなってしまいます。
こちらの洗浄金額は、お近くの車屋さんに確認してみてくださいね。

 

◆暖房の場合
【サーモスタットの故障】
サーモスタットの交換をしましょう!サーモスタットはカー用品店でも販売されているので車に詳しい方はご自身でも交換が可能です。
しかし、サーモスタットは車種によって適合するものが異なりますし、しっかり取り付けないと更なる故障を招きかねませんので
こちらもプロにお任せするのがオススメです。
費用は部品代と工賃を含めて一般的に約10,000円~12,000となります。

 

【ヒーターブロアモーターの故障】
ブロアモーターの交換をしましょう。
こちらは車のエアコン機器の中にある為やはりプロにお任せがオススメです!
交換金額は車種によっても異なりますが、部品代や工賃含めて一般的に約40,000円前後となります。

 

【冷却水が循環しない】
ウォーターポンプ、サーモスタットの交換をしましょう
こちらもプロに頼む場合のウォーターポンプの交換費用は、部品代や工賃を含めて一般的に約20,000円前後となりますが、車種によってはもっと高額となる場合もあります。
サーモスタットは上記を参考にしてくださいね!

冷却水が漏れている場合は、ラジエーターコックの破損が考えられます。
ラジエーター本体、ポンプ、ホース、ウォーターポンプ等部品一式交換の場合の費用は、工賃を含めて一般的に約50,000円となります。
ただ、ラジエーターは破損個所のみ修理や交換という可能性もあるので、その場合はもっと費用を安く抑える事ができます。

エアコンを回復させるには

ここでは、上記で挙げた項目毎に回復方法をご説明していきます。
カーエアコンの故障の前兆や、うまく稼働しないときはどんな状態になるのか?例を挙げてみましょう。

 

まず一番分かりやすいのは『エアコンから風が出ない』『風は出るけど冷風o温風にならない』ですよね。
また、冷房使用の際にA/CスイッチがONになっているのに冷風が出ない風の導入が内部循環になっているのに冷風にならないといった場合も故障が考えられます。
この他ですと『警告灯が点いた』『異音・異臭がする』等の症状が出た場合はカーエアコンの故障だけでなく、オーバーヒートや他の箇所の故障も考えられますので、車屋さんで見てもらうようにしましょう!

まとめ

カーエアコンの冷房・暖房の不調原因は複数ありますが、日頃からの点検やメンテナンスで回避可能です。
外出先での故障トラブルや思わぬ出費を避け、楽しく快適なカーライフを過ごす為にも、こまめなメンテナンスを心掛ける事が大切ですね。


そうはいっても、もしもトラブルが発生した場合はコバックにお任せください!
コバック佐久平店・上田材木町店にてカーエアコンのメンテナンスも承っております!
お困り事やご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

一覧に戻る

新着投稿記事

過去の記事を読む

各種カーサービス

コバックは車検が安い