車検のコバック

上田市・佐久市

ワイパーの状態は大丈夫?ワイパーと車検の関係

2021/06/29

コバックニュース

雨天時の事故率

梅雨のこの時期、運転中に湿気でガラスが曇ったり、フロントガラスに当たる雨で視界が悪くなりやすく、非常に危険です。
また、タイヤの溝が擦り減っていたり劣化していると雨でスリップする可能性も。
私たちが生活する上で雨は絶対に必要なもの、恵みの雨ではありますが、雨の日の運転が憂鬱になる方も多いのではないでしょうか。

 

降雨時の交通事故発生率は、なんと晴天時に比べて4倍にもなるそうです!

 

雨による視界や路面の悪化といった物理的要因、それに伴うドライバーの心理的な大きな緊張とストレス、これらの要因が合わさり雨が降り続けるこれからの時期には事故が多く発生します。
特に夜間は濡れた路面にライトが反射してセンターラインが見えにくくなりますし、激しい降雨で視界が悪くなり歩行者に気付くのも遅くなりがちに。

 

では、降雨時の運転で事故を起こさないために重要な役割を果たす機能の一つである『ワイパー』の重要性についてお話していきます。

ワイパーの劣化と車検

お車に乗っていて、降雨時や降雪時に欠かせないのが『ワイパー』ですね。
ワイパーはフロントガラスに雨や汚れが付いた時に、それらを払い視界を確保するための重要な役割があります。

 

しかし消耗品の為ガラスについたゴミやホコリ、紫外線などによって劣化します。

 

ワイパーゴムは、下記の症状が出たら迷わず交換のタイミングです。 

・ガラスに水がにじむ 
・拭きムラがあったり、スジ状の線が残る 
・作動させると異音がする、ガタつく 

 

これらの症状はゴムの劣化が原因ですので、ゴムの部分をチェックしてみると、硬くなっていたり、ひび割れ、欠けがあるかもしれません。

 

こういったことが確認できた場合、早くワイパーゴムを交換した方がよいでしょう。
目視だけではなく、実際に手で触ってチェックすることをお勧めします。

 

これらの症状を放置してゴムが削れたり切れたりすると、フロントガラスに傷がついてしまい最悪の場合はウインドウ交換の必要が出てきてしまいます。 

 

また、車検時にはワイパーが正常に作動するかどうか、ワイパーゴムが劣化していないかどうかもチェックします。


ワイパーを動かした際に、ワイパーブレードが元の位置まで戻らずフロントガラスの途中で止まってしまったり、動く速度が速すぎたり遅すぎたり、ゴムの劣化により水滴を除去できず視界の妨げとなったり・・・このようにワイパーとして正しく機能しない場合は不適合箇所となる為、車検に通す事ができません。


事故を起こさないように視界を確保する大切な役割を担っているからです。

 

フロントガラスを守るため、そして何より前方視界を常にクリアにし事故の発生を防ぐために、ワイパーゴムの交換は半年に一度定期的に交換することを推奨します。

まとめ

意外と見逃しがちなワイパーゴムの劣化、安心・安全なカーライフの為にもメンテナンスしておきましょう。

 

ワイパーゴムはドライバーさんご自身で交換することも可能ですが、時間が無い方や、取り付け方が分からない方は車屋さんで取り付けてもらう事をオススメします。
一般的な価格はワイパーブレードごと交換で約3,000円、ゴムのみ交換で約1,000円~2,000円、このほか作業工賃として500~1,000円程かかる場合もあります。
(車種によって異なります)

 

コバックでもワイパーブレード、ゴムの交換行っております!
ご希望の方は遠慮なくお問い合わせください!

一覧に戻る

新着投稿記事

過去の記事を読む

各種カーサービス

コバックは車検が安い
ファミリー車検キャンペーン ファミリー車検キャンペーン